コンサートチラシのデザインで注意すべき7項目

コンサートにおけるチラシ・フライヤー制作の意図は「告知」「集客」にあります。
単純に「カッコいいチラシ」「綺麗なチラシ」を作れば「告知」と「集客」ができると思い込んでしまいがちな方が多く見受けられますがそうではありません。

コンサートをより多くの人に「告知」し、「集客」をするためにはチラシを構成する情報(骨組み)がしっかりとしていなければなりません。
では告知や集客をしっかりとしたコンサートチラシを制作するためにどういった情報(骨組み)が必要になってくるでしょうか?

企画を明確に

足を運んで見てみたいと思わせる企画内容

どんなコンサートや演奏会もまずは企画からスタートします。その企画には来た人に伝えたいと思うコンセプトや来てもらいたい年齢・性別などのターゲット層などがあると思います。
企画に向けてターゲットやコンセプトを絞り込むことでより多くの方々に伝わるチラシとなるでしょう。

コンサート会場

これら企画趣旨を明確にすることで、チラシのデザインが大きく変わってきます。
親子を対象とした企画に難解で分かりづらい言葉を使っていたり、年配に向けた企画なのに文字が小さく読みづらければ「告知」と「集客」に結びつきません。
まずは企画趣旨を明確にすることで、注目をしてもらいたい要点をまとめ、ターゲトに向けた適切なデザインを行う指針できるのです。

老若男女誰にでも観てもらえるコンサートはない

企画段階で一番陥りがちなのが「老若男女どんな人にも観てもらいたい」と考えてしまう事です。それが出来れば一番良いのですが、現実には年齢も性別も職業も異なるあらゆる人にコンサートへ足を運んでもらうのは容易な事ではありません。漠然と「誰にでも観てもらいたい」と考えるよりも、「あの人に絶対に観てもらいたい」という誰か一人の顔をイメージしてみて下さい。ご自身の両親でも構いません、友人の誰かでも学生時代の恩師でも構いません。そして、その人がどうすれば楽しんでくれるか、感動してくれるか、ということをイメージしてコンサートのタイトルやリード文、全体の構成、チラシのイメージを考えてみて下さい。そうすればきっとその方と同じ立場・年齢層のお客様には特に高い訴求効果を生み、結果的にはそれ以外のターゲットの方にもその想いは伝わるはずです。

チラシに載せる大切な文字要素

1504_001

タイトル
キャッチコピー
リードコピー
お問合せ先
その他(曲目やコンサート構成など)

上記はコンサートチラシで必須になる定番の要素です。では、それらのどこに注意すべきか考えてみましょう。

コンサート成功の鍵はタイトルで決まると言っても過言ではない!

タイトルはチラシの命

コンサートのタイトルで多いのは、「(お名前)リサイタル」、「(お名前)コンサート」です。こういったタイトル自体は全く問題ありません。ただ、一般的に名前が浸透しているアーティストの方の場合はそれだけでも良いですが、そこまで名前の認知が知れ渡っていない場合は全く新規のお客様に対しての訴求効果は薄く、チラシを手にした人にコンサートのイメージをして頂くにはあまりにも情報が少ないのではないでしょうか。

補足的要素を加える


「●●●●コンクール1位、(お名前)リサイタル」
「●●●●所属ピアニスト、(お名前)リサイタル」
「今もっとも注目のピアニスト、(お名前)コンサート」

のように肩書きや経歴などの補足的要素を入れることで、初めてチラシを手に取った人にもコンサートのイメージが膨らみます。

異名をつけてみる!

前述した「今もっとも注目のピアニスト〜」のような表現について、当たり前ですが事実と違うことを書いてはいけませんが、チラシを手にした人がイメージを膨らませるある程度の表現は必要です。極端に例えるとプロレスラーでいうところの異名、

「テキサスの荒れ馬 テリー・ファンク」
「黒い呪術士 アブドーラ・ザ・ブッチャー」
「風雲昇り竜 天竜源一郎」 

のような異名はイメージを膨らませてくれます。ちょっとジャンルが違いすぎて分かりづらいかもしれませんが(笑)それをクラシック音楽に置き換えて

華麗なるピアニスト


「可憐なるピアニスト」
「心ゆさぶるトランぺッター」
「珠玉のヴォイス」

など自身のイメージを客観的に表現することで、初めての方にもどんな音楽なのかという想像を補足することができるかと思います。
自分自身でそういった表現をするのは難しい場合、ご希望があればコンサートチラシ・ラボでは音楽や経歴などを拝見した上でそういったコピーをご提案致します。

心を掴むキャッチコピー

タイトルで興味を持ってもらった人が次に見るのがキャッチコピーです。
「行ってみたい、直に聴いてみたい」と思ってもらうためには、キャッチコピーでグッと心を掴む必要があります。単に自分が伝えたい情報を羅列しただけではチラシを手に取った人は興味を持ってはくれません。
どんなコンセプトの演奏会なのか、コンサートにくればどんな体験ができるのか、どのような演奏を聴くことができるのか、といったことをより興味を持ってもらう表現で記載する必要があります。

「ワンコインで聴けるカジュアルなクラシック音楽」
「ショパンの生涯を音楽とトークでたどっていく」
「魅せる!極上のアコースティックコンサート」

など、イメージを膨らませる表現で尚かつどういった内容の企画なのかが分かるので、キャッチコピーは「コンサートに足を運んでみたい」と感じてもらうための重要な役割を持ち、さらに次に記載するリードコピーを読んでもらえるかを左右するきっかけにもなります。

興味を持たせるリードコピー

リードコピーはコンサートの内容をより具体的に記載します。チラシを読み進め、より「コンサートを観てみたい」という気持ちを高める重要なポイントです。
Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)How(どのように)するのかという5W1Hにのっとって考え、それがあくまでも読んでいるお客さんに向けた文章であることが重要です。
演奏会を主催する主催者目線で目的を羅列してしまいがちですが、重要なのはお客さんの立場に立って何を強調すべきかを考えることです。

Fail

認知されていない専門用語はNG

主催する側、演奏する側の人からしたら日々当たり前のように使っている用語も一般の人からしたら「?」と感じる言葉も多くあります。特にクラシック音楽の世界は専門用語も多いので、常に一般の人目線で文章を考えて浸透していないような言葉や専門用語はなるべく違う言葉に置き換えた方が親切といえます。
意味が分からない時点で読むことをやめてしまうか、その分からない言葉を調べるというワンクッションを挟んでしまうのは良いことではありません。
そして対象とする世代が興味を持つ言葉を入れることも重要でしょう。
対象が小さな子供とその母親であれば普段子育てや家事などで忙しくしている合間に安らぎを与えるようなコンサートであるとか、クラシック初心者の人に向けたコンサートであれば普段格式が高そうに感じるクラシック音楽の敷居を低く感じ足を運びやすくするような言葉をチョイスする必要があります。

一目で分かるお問合せ先

1504_001

問い合わせ先は一目で分かりやすい場所に配置する必要があります。せっかく興味をもってもらえたのに紙面の中から探しきれずに問い合わせをやめてしまうということにもなりかねません。例えば電話番号の前に電話のマークをいれたり、色で強調したりと、ある程度「ここに問い合わせ先が書かれている」と認識させることも重要です。
電話番号の記載はもちろんですがメールアドレスやHPアドレスなども最近は必須の記載ですのが、情報が多くなるほど最短でのチケット購入が分かりづらくなりますので、情報を整理して強調すべき箇所とそうでない箇所に優先順位を付けて見やすく作ることが大切です。

手に取ってもらうためのデザイン

上記の多くの情報をただ並べただけでは誰も読んではくれません。
手に取ってもらう最初のきっかけとなるのはビジュアルイメージです。多くの情報に優先順位を付け、強調すべき点は大きくしたり、色を変えたり、イラストを配置したり、読み飽きることのないレイアウトにすることがデザインです。
このデザインについてはまた次回に詳しく記事を書いてみたいと思います。

 
[ご注文フォームへ]